スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妻への報告 ~結婚式前夜
... Read more ▼
母ちゃん、聞いてくれよ。
琴子が……結婚するんだ。
あんなに小さかったあいつが……
俺とお前の娘が……。

男手一つで育ててきたからか、どうも女らしさが今一つ、と思っていたんだけどなぁ。
それがまあ、えらいいい男をつかまえちまった。

そう、相手はあの直樹君だ。
成績優秀、スポーツ万能、おまけに俳優顔負けの男前。ほんとに、あのイリちゃんの息子とは思えねぇよなぁ。
イリちゃんの奥さんはいろいろ画策してたみたいだったけど、まさか本当にあの二人が結婚しちまうなんてなぁ。
それも直樹君は、これまたえらい美人のお嬢様と婚約してたっていうのに。俺もイリちゃんの退院の日に一度そのお嬢様に会ったけど、まあ直樹君とお似合いでなあ。
それでも直樹君は、琴子を選んでくれた。直樹君が好きで好きで諦められないでいた琴子を。
あの雨の日、琴子の手を引いてびしょ濡れで帰って来た直樹君は俺に言った。
「お嬢さんと……琴子さんと結婚させて下さい」と。そして、こうも言った。
「これからずっと一緒にいるのは、こいつ以外考えられなくなったんだ」――――――

なあ、母ちゃん。
他に婚約者がいた直樹君に、俺がすぐに結婚を許したのは何故かわかるか?

もちろん、琴子が直樹君に惚れまくっているから、というのもある。きっと琴子は、直樹君のそばにいるだけで幸せだろう。

だけど、それだけじゃない。
直樹君にも琴子が必要なんだろう……そう、直樹君自身が自覚したんだろうと、あの時俺は思ったんだ。

会ったばかりの直樹君はまだ高校生だったが、何となく冷たい、人を寄せ付けない雰囲気があった。
何でもそつなくこなしながら……いや、こなしているからこそなのか、人生をなんとなく生きてるような。そういえば俺に、若い頃の夢の話を聞いてきたことがあったなあ。
あの時は、自分がなんのために生きているのか、人生に疑問を持ってたのかもしれないな。
そして、何となく冷たい印象だった直樹君が、少しずつ変わっていったような気がするんだ。
なんというか、表情が豊かになってきて、人間味が出てきたというか。

それは、きっと、琴子の……母ちゃんと同じ、生きるパワーに溢れた、あいつの影響じゃねぇかって俺は思うんだよ。


完璧な直樹君と、何にもできない琴子。
それでも、なかなかお似合いだと思うのは、親の欲目じゃあないよな、母ちゃん。

明日、二人は結婚式を挙げる。
あの雨の日から2週間……あっという間だったなあ。
ほら、俺はこれを着るんだってよ。タキシード着て
、琴子の腕を取って、バージンロードを歩くんだと。どんな顔すりゃいいんだろーな。


いや、俺は泣いたりしねぇよ。
琴子の、一生に一度の晴れ姿、ちゃんと見ててやらねぇとな。

母ちゃんも、見守っててくれよな。
琴子の、人生で最高に綺麗な瞬間を。




☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ
相原父の独白。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
重雄さん
たまち様

重雄さん、いいですよね~

男手ひとつで娘を育ててきたから、やっぱり器が大きいのでしょう。
娘のことをよおくわかっていて、その幸せを願っている。
そして直樹のこともよく見ている。

こんなお父さん、いいなあ。

No title
一人娘を、お嫁に出す、お父さんの気持ちですね、まして?お父さんが、一人で娘を20年近くも、男手ひとつで、育てた,お父さんも、考え無量でしょ。
Re: なおちゃん様

コメントありがとうございます!

娘を嫁に出すお父さんの気持ちって、想像するしかないんですが、重雄さんの場合、琴子は大切な大切な奥さんの忘れ形見でもあるし、本当にこの夜は胸がいっぱいだっただろうな・・・と思って書きました。
プロフィール

あおい

Author:あおい
「イタズラなKISS」にはまり、妄想のあまり書いた二次創作小説と言う名の駄文置き場です。
ひそやかに、かつマイペースに更新いたしますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。